熊本県八代市の小中学生向けロボットクラブ

プログラム課題4

  • HOME »
  • プログラム課題4

課題4 分岐条件をコードを書いてみよう

動画の動きをコードで書いてみる。
今回は分岐条件を加えていきます。

確認用動画

内容は課題2と同じです。自分で作ったフローチャートを活用してコーディングをしてください。

確認用動画(チャレンジャー)

自信がある人は4色の分岐パターンにチャレンジしてみてください。手間が少々かかります。そのまま作ると多くくなりがちなので工夫を加えてみてください。

コード一覧

ライントレース走行に関するもの

drive.forward(mm)  何mm前進する

drive.back(mm)  何mm後進する

drive.Rs90()  右に90度曲がる スピン

drive.Ls90()  左に90度曲がる スピン

drive.Turn_R(度数)   右にターンする スピン

drive.Turn_L(度数)   左にターンする スピン

drive.Line(mm)  ライントレース 何mm進む

drive.Line_stop(黒線の位置,直線の有無)
ライントレース 指定した分岐ラインで止まる
# 黒線の位置     :’左’、’左右’、’右’
# 直進した時の線の有無:’有’、’無’

Line_stopの使い方解説

色を読むコード

color=color.toukei()
color(変数)にセンサー4で読み取った値を入れる。
青2、緑3、黄色4、赤5

分岐で使うコード

(例)
if color==2:
  drive.forward(100)
elif color==5:
  drive.back(100)

青の時、100㎜前進。赤の時100㎜後進。
※分岐の中身はTABを使い空白を開けること

提出はこちらから

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 379834-1.jpg です

提出はこちらから
注意※ メールアドレスには robo@k8246.net を入れてください。

課題確認用授業動画

PAGETOP
Copyright © みやじまロボットクラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.